キャッシングのリボ払いとショッピングのリボ払いの特徴!手数料なしもある?

キャッシングのリボ払いとショッピングのリボ払いの特徴!手数料なしもある?

キャッシングのリボ払いとショッピングのリボ払いの特徴!手数料なしもある? 画像

クレジットカードに付いている、キャッシング機能とショッピング機能にはリボ払いを選ぶことができます。 支払い方法は一括払いよりも、リボ払いの方が毎月の支払い額を抑えることができるので、生活に負担にならないメリットがあります。 しかし、リボ払いは利用手数料や支払い総額が高くなってしまいそう…と心配の方も多いのでは? この記事では、クレジットカードのキャッシングとショッピングのリボ払いの特徴、手数料について解説していきます。

キャッシングリボとは?

キャッシングリボとは、クレジットカードでキャッシング(お金の借り入れ)をした際に、リボ払いで返済する方式のことです。 キャッシングで借りたお金の返済方法は、1括払いとリボ払いの2つの方法があります。 キャッシングリボ払いとは、毎月一定の金額を支払う方法となるので、毎月の負担が軽くなるのが特徴です。 毎月の最低返済額はカード会社により異なりますが、約5.000円からとなります。 一見とてもお得に見えるキャッシングリボ払いですが、返済金額が低いため、なかなか支払いが終わらないのがデメリットです。 カード会社によっては、自分で返済金額を多めに設定して早く返済できることもあります。 キャッシングリボ払いは毎月の支払い額を多くすると、利息を抑えることができるのでおすすめです。

ショッピングリボとは?

クレジットカードのショッピング機能にもリボ払いを選ぶことができます。 クレジットカードで購入した商品は一括払い、分割払い、リボ払いから選ぶことができます。 高額な商品を購入したり、手元にまとまったお金がない時は、ショッピングリボ払いが便利です。 分割払いは返済回数に合わせて支払っていきますが、ショッピングリボ払いの場合は毎月の返済金額が決まっています。 ショッピングリボ払いは、毎月一定の金額を支払っていくので月々の負担を軽くすることができるのがメリット。 ショッピングリボ払いには、以下の3つの支払い方法があります。

ショッピングリボ払い

①残高スライド方式
購入した商品の残金に応じて、支払う金額が決まります。 低額商品を購入した場合は支払い金額は抑えられますが、高額な商品を購入すれば支払い金額が増えます。 例えば、1万円から10万円の商品を購入した場合は、毎月の支払額は1万円になり、10万円から20万円の商品を購入した場合は、毎月の支払額が2万円になります。

②定額方式
自分で設定した金額を毎月支払う支払う方法です。 カード会社により最低支払金額は決められていますが平均5,000円程度となります。

③残高スライド方式
残高に対して毎月の返済額が段階的に変わっていく仕組みです。 月々のお支払い額が決められているので、早く返済することができます。

リボ払いのメリット

よくリボ払いは金利に気をつけて!とよく聞きますがデメリットだけではありません。 例えば、手元にまとまったお金がなくても、リボ払いらば50万円の買い物をすることができるのです。 リボ払いは毎月の支払い額は最小限に抑えられているので、生活の負担になることがないのがメリット。 つまり、10万円の買い物をしても50万円の買い物をしても、リボ払いならば、毎月の支払い金額を決められるのが嬉しいポイントです。

リボ払いのデメリット

リボ払いのデメリットは、支払金額を最小限に抑えられているため、支払い期間が長くなり、金利がどんどん膨れ上がってしまうということです。 つまり、長い目で見れば、リボ払いをすると金利の負担が重くなり、支払総額が増えてしまうのがデメリットです。 どうしても購入したいものがあったり支払わなければならないものがあれば、リボ払いは便利ですが、頻繁に使用すると、金利の負担が重くなるのでお勧めできません。

リボ払いの手数料について

貸金業法の上限が15%となっているため、ほとんどのクレジットカードはリボ払い金利は15%となっています。 リボ払いの金利15%とは年利なので、返済するタイミングが早ければ早いほど、負担する利率は軽くなります。 1年間借りたままにすると15.0%、半年間で返済すると7.5%、4ヶ月間で返済すると5.0%、3ヶ月間で返済すると3.75%、2ヶ月間で返済すると2.5%、1ヶ月間で返済すると1.25%となります。 キャッシングリボの金利はカード会社によって異なりますが、利息の計算方法は同じです。

手数料がかかる場合

キャッシング機能でもショッピング機能でもリボ払いをすると金利手数料がかかってきます。 金利手数料が高いと言われているリボ払いですが、例えば1万円程度の買い物の場合は、1ヶ月後の返済にかかる金利手数利用料は125円です。 短期間の間に、しっかり支払う能力があれば、決して金利手数料が高いわけではありません。 上手に利用することができれば、リボ払いは大変便利な支払い方法です。

手数料がかからない場合

キャッシングとショッピングで手数料がかからない場合は、1回払いと2回払い、そしてボーナス一回払いのみです。 ショッピングは分割払いがありますが3回以上になると手数料がかかってきます。 しかし、支払い回数は2回までは手数料がかからないので 覚えておきましょう。 ボーナスがある方はボーナス一回払いお支払いを先延ばしすることができるのに、手数料がかからないのでお得感がありますね。 ボーナス2回払いになると、手数料が4%から5%かかりますので注意が必要です。 ボーナス払いは、支払いを忘れた頃に一括請求のように支払明細が来るので、前もって忘れないようにしましょう。 リボ払いにおいては、 キャッシングでもショッピングでも全て手数料はかかるので、計画的に利用することが大切です。

まとめ

今回は、キャッシングとショッピングのリボ払いリボ払いの特徴、メリット・デメリットについてご紹介しました。 リボ払いは、毎月の支払額が抑えられて、家計の負担になるのが嬉しいポイントです。 しかし、返済期間が長くなると、金利手数料の負担が大きくなり、最終的に支払い総額が高くなってしまうので、使い過ぎには注意が必要です。