キャッシングの利息(金利手数料)は高い?返済する際の注意点

キャッシングの利息(金利手数料)は高い?返済する際の注意点

クレジットカードを申請した時に、キャッシング機能を希望して審査に通れば、自動で付いてきます。いつでも好きなときにATMからお金を借りることができるので、いざという時に便利ですね。しかし、初めてクレジットカードのキャッシングを利用する方は、金利の高さが気になりませんか?

この記事では、キャッシングの利息や利用する際の注意点について解説していきます。クレジットカードに付いたキャッシング機能を初めて利用する方は、ぜひ最後まで参考にしてみてください。

カードローンとキャッシングの違いとは?

お金を借りる方法には、キャッシングの他にもカードローンという言葉を良く聞きますよね。ここからは、キャッシングとカードローンの違いについてみていきましょう。

一般的にキャッシングとは、クレジットカードに付帯している機能です。クレジットカードを申し込む際に、キャッシング機能を希望して上限額を設定すると、審査により利用枠が決まります。キャッシング機能はクレジットカード発行後にも後から付けることが可能です。

キャッシング機能は、いつでもATMからお金を借りることができて、借入限度額は数万円~数十万円程度となります。返済方法は、翌月一括払い、残高スライドリボルビング払いとなり金利は高めの設定です。

それに対して、カードローンは、銀行や消費者金融が発行するカードを使い、指定の金融機関の口座振込されます。借入限度額は十数万円~数百万円と幅広い設定となっており、返済方法は、残高スライドリボルビング払いまたは毎月の分割払いとなります。

借入限度額の範囲内であれば何度でも借りられることができて、キャッシングよりも金利は若干低めです。キャッシング機能はクレジットカードに付いているので、急にお金が必要な時に利用できるのがメリット。

ただし、返済方法が翌月一括払いまたは金利が高めのリボ払いとなるため、頻繁に利用するのは避けた方が良いです。カードローンの選択肢があれば、金利が安くなる場合があるので、比較して上手に利用しましょう。

ATM・キャッシュディスペンサーからキャッシングするやり方

キャッシングは、銀行やコンビニにあるATMやキャッシュディスペンサーから簡単に利用することができます。ATMはお金の引き出し、入金、通帳記帳が可能ですが、キャッシュディスペンサーは引き出し専用です。ATM、キャッシュディスペンサーどちらも以下の操作方法でキャッシングすることができます。

キャッシングのやり方

  • 1.画面上のメニューから「お引き出し」を選択
  • 2.クレジットカードを差込口から投入する
  • 3.暗証番号を入力する
  • 4.「お借り入れ」を選択する
  • 5.返済方法は「1回払い」または「リボ払い」から選択する
  • 6.「お借り入れ金額」を入力
  • 7.現金を受け取る

キャッシングの手数料は、1万円以下の場合は108円、1万円以上の場合は216円かかります。

キャッシングの利息(金利手数料)・相場は?

クレジットカードのキャッシング金利手数料の相場は年15~18%が相場です。クレジットカードにより異なりますので、利用する前にホームページなどで確認しておくことが大切です。キャッシング金利は、利息制限法という法律により上限が決められています。

借入元本によって適用金利が異なり、100万円未満の場合は年18.0%が上限となり、100万円以上なら年15.0%が上限です。借入額が大きくなるほど金利は低くなるのでお得になるというわけです。100万円未満の場合は年18.0%となり、消費者金融の金利と変わらないため金利は高くなります。

キャッシングを返済する際の注意点

キャッシングは手元にお金がないときに便利な機能ですが、計画的に返済することが大切です。キャッシングの返済方法は、翌月一括払いまたはリボ払いとなり、いずれにしても金利手数料が発生します。返済方法は翌月一括払いを選ぶと、借りた日数分の手数料がかかります。

リボ払いを選んだ場合は、長期返済になればなるほど、金利手数料が高くなるため注意が必要です。リボ払いでも、返済する余裕がある時は、まとめて多めに返済することも可能です。予定より早く返済すると金利手数料を抑えられるので、計画的に返済することが大切です。

そして、キャッシングを利用するとショッピング枠が減るので注意しましょう。キャッシング利用枠はショッピング利用枠に含まれているので、海外旅行の際などには特に注意が必要です。

キャッシング返済日を遅延した時はどうなる?

ここからは、クレジットカードのキャッシング機能を使い、支払いが遅れてしまった場合は、どうなるのかみていきましょう。キャッシングの返済に関わらず、クレジットカードの支払いが延滞・滞納すると、個人信用情報機関に金融事故情報として記録されます。

クレジットカードの支払い遅延や滞納が約61日以上続いた場合、ブラックリストの対象となるので注意が必要です。いわゆるブラックリストの対象となり、カードが強制解約されるので、お買い物やキャッシングができなくなります。その他のクレジットカード、カードローン、住宅ローンなどに申請しても審査に通らなくなります。

遅延した後に返済したとしても、支払いを長期延滞したり、1年間に複数回遅延しても金融事故となるので注意しましょう。クレジットカードの返済日を忘れて数日間だけ遅れてしまったり、リボ払い残高が残っていても、返済していれば、ブラックリストの対象にはなりません。

クレジットカードの支払いはショッピング、キャッシングに関わらず、計画的に返済して、無理のない範囲で利用するようにしましょう。

まとめ

今回は、キャッシングの利息(金利手数料)や利用する際の注意点をご紹介しました。

クレジットカードに付いたキャッシング機能は、手元にお金がない時や急にまとまったお金が必要な時に便利なサービスです。

ただし、金利が比較的高めに設定されていること、返済方法が翌月1ヶ月払いとリボ払いとなるため、計画的に利用することが大切です。特に長期的なリボ払いを選ぶと、金利手数料がかなり高くなるので注意しましょう。