カードローンを上手に利用するコツ!借り換えのやり方は?

カードローンを上手に利用するコツ!借り換えのやり方は?

急にお金が必要になった時に便利なカードローンですが、銀行系カードローンか消費者金融系のカードローンのどちらを選べばよいのか迷っていませんか?銀行系カードローンは審査が厳しく、消費者金融系は簡単に借りられるイメージが先行していますよね。実は、銀行系カードローンと消費者金融系のカードローンはそれぞれメリット・デメリットがあります。

この記事では、これからカードローンを利用する方に向けて特徴や注意点を解説していきます。最後までご覧になると、両方の特徴が分かり、どちらが自分に合うのか上手に選ぶことができます。カードローン選びにお悩みの方は、ぜひ参考にしてみてください。

即日カードローンのメリット

即日カードローンとは、いわゆる消費者金融系のカードローンのことを言います。テレビCMでもおなじみの大手消費者金融系カードローンの場合、最短30分の審査で即日融資も可能です。審査のスピーディーさで選べば、銀行カードローンよりも断然消費者金融系のカードローンですね。

スマホからも簡単に申込みできるので、急にお金が必要な時はすぐに現金を入手できるので便利です。銀行カードローンを初めて利用する際は、来店する必要があり、銀行口座も必要なので手間と時間がかかります。一方で、消費者金融系カードローンを初めて利用する方は、スマホから本人確認の書類を提出できるので即時審査してもらえるのです。

銀行カードローンは、最短でも翌営業日の融資となりますが、消費者金融系カードローンは即日融資が最大の魅力です。そして、消費者金融系のカードローンのメリットは、無担保・無保証で借りられることも挙げられます。約30日間の無利息期間があるのは消費者金融のみとなっており、銀行カードローンにはありません。

「お給料日まであと少しだけど今お金が必要!」という時は、消費者金融系カードローンで素早く借りて素早く返済すると良いです。借入額が10~20万円程度の場合、無利息サービスを上手く利用すれば、銀行カードローンよりお得です。消費者金融系カードローンは、限度額内であればATMから何度も現金を借りることができるのもメリットです。

即日カードローンのデメリット

ここからは、消費者金融系のカードローンをみていきましょう。ご存知の通り、消費者金融系のカードローンは銀行系カードローンよりも金利が高めの設定です。銀行カードローンカードの上限金利は、年15.0%程度ですが、消費者金融系カードローンは年18.0%が多いです。月々の返済額が少ないリボ払いの場合、返済期間が長くなると利息が多くなります。

最終的な支払い総額が増えるので、返済するのが難しくなるので注意が必要です。消費者金融系のカードローンは無担保・無保証の個人向け融資というメリットがある反面、金利は高く設定されているので気をつけましょう。消費者金融系のカードローンは約30日間の無利息期間があるので、借入額が10~20万円程度の場合は便利です。しかし、借入額がそれ以上の場合は利息が高くなるので、銀行カードローンのほうがおすすめです。

銀行カードローンで審査に必要なもの

ここからは、銀行系カードローンの審査に必要なものを確認していきましょう。2017年4月から銀行の過剰融資に対する自主規制が始まり、銀行カードローンの審査がより厳しくなりました。銀行カードローンの審査は、警察庁への個人のデータ照会を行う工程が増えたため、即日で借りることができません。

銀行カードローンの利用を検討している方は、早めに申し込んで準備しましょう。審査に必要な書類は、本人確認書類となる身分証明書(運転免許証・パスポート・健康康保険証等)、希望限度額によっては「収入証明書」が必要です。銀行カードローンは貸金業法ではなく、銀行法が適用されるため、総量規制関係なく借入が可能です。

そのため、消費者金融では高額の借入ができなかった方も銀行カードローンなら借入が可能になるケースもあります。

銀行カードローンの借り換えとは

銀行カードローンの借り換えとは、今利用しているカードローンから、低い金利で他のカードローンに切り替えることです。カードローンを借り換えをして金利が下がれば月々の返済の負担が軽くなり、総額の返済額を減らすことができるのがメリット。ローンの借り換えというと住宅ローンを思い浮かべる方が多いですが、カードローンも同様に利息を少なくできるので便利です。銀行カードローンの借り換えは、新規申し込み時よりも比較的通りやすいので、検討してみる価値があります。

銀行カードローンのメリット

銀行カードローンの最大のメリットは、消費者金融のカードローン比較すると金利が低めに設定されていることです。消費者金融系カードローンの上限金利は18.0%と高めですが、銀行カードローンの場合は15%程度です。例えば、30万円を1年間借りた場合は両者に12,000円くらい利息の差があります。借り入れ額が多ければ多いほど、銀行カードローンの方がお得になるので、大金を借り入れる時は銀行カードローンを検討しましょう。

そして、消費者金融系カードローンにはなく、銀行カードローンにある機能は自動融資です。自動融資機能とは、例えば銀行口座に残高不足により公共料金やクレジットカード料金の引き落としができない場合、自動的にカードローンから融資が行われるサービスです。クレジットカードの支払いや公共料金の支払いを忘れると、カードが使えなくなったり、電化や水道が止まってしまうので、便利なサービスですね。

銀行カードローンのデメリット

ここからは、銀行カードローンのデメリットをみていきましょう。銀行カードローンは、審査が厳しく審査に時間がかかるのがデメリットと言えます。2017年4月から、銀行カードローンは即日融資が禁止となり、審査結果は最短でも翌営業日となります。夜間や土日祝の申込みは審査回答が出るまでに数日かかることがあるので、即日融資にはなりません。

銀行カードローンの審査は消費者金融が代行していることが多いため、どうしても時間がかかってしまうのです。そして、銀行カードローンは普通預金の銀行口座の開設が必要となるため、口座がない方は銀行へ行き新規開設する手間もかかります。銀行カードローンの場合、申し込んで審査が始まり、カードを受け取り融資されるまで、平均1週間程度かかります。

まとめ

今回は、銀行系カードローンと消費者金融系のカードローンのメリット・デメリットをご紹介しました。銀行系カードローンの最大のメリットは低金利で借りられること、

そして消費者金融系のカードローンは即日融資が可能なことです。大金をお得に借りるならば銀行系カードローンがおすすめですが、少額を短期間利用するなら消費者金融系のカードローンの方がお得です。それぞれの特徴を抑えて、自分に合った方を賢く選びましょう。