債務整理・任意整理中でもキャッシングできる?消費者金融会社は利用すべき?

債務整理・任意整理中でもキャッシングできる?消費者金融会社は利用すべき?

債務整理・任意整理中でもキャッシングできる?消費者金融会社は利用すべき? 画像

債務整理・任意整理中でもキャッシングをしたい気持ちがよぎることがありますよね。 何となく債務整理・任意整理中はキャッシングが出来ないイメージがありますが、実は可能性はゼロではありません。 債務整理・任意整理中でも利用できる消費者金融はあります。 しかし、利用する前に知っておきたい注意点もあるので、ぜひ参考にしてみてください。

債務整理とは?

債務整理とは、多額の借金生活から自由になるために、借金を減額したり、支払いに猶予を持たせたる 手続のことです。 債務整理の手続きには以下の3つのパターンがあります。

①過払い金請求
賃金業者に対して本来支払う以上の金額を支払っていた場合、過払い金を取り戻すことができます。 債務整理の手続をすると、支払いやしつこい取り立てを止めることができます。

②民事再生
借金が返済できなくなると、裁判所に民事再生を申請して、借金を3年~5年にかけて分割で返していきます。

③自己破産
裁判所に対してこれ以上支払うことができないことを認めてもらい、借金の支払いを免除してもらう手続きです。

任意整理とは?

任意整理とは、借金の減額や金利の引き直しを交渉して、毎月の返済金額を減額してもらう手続きです。 毎月の返済金額を減額することで、生活が楽になるメリットがあります。 任意整理は裁判所を通さずに、貸金業者と交渉を行います。 任意整理をしたら過払い金があった場合、過払い金請求すると払い過ぎていたお金を取り戻すことができます。

債務整理・任意整理中でもキャッシングできる?

結論から言えば、債務整理・任意整理中でもキャッシングできる可能性はあります。 債務整理・任意整理をした後にキャッシング申請をしても、キャッシングや消費者金融の審査はほとんど通りません。 債務整理・任意整理をした記録は約7年間残るので、キャッシングなどを利用することができません。 しかし、債務整理・任意整理中であれば、キャッシング可能な消費者金融はあります。

消費者金融会社は利用すべき?

債務整理中・任意整理中でもキャッシングできる消費者金融はあります。 テレビコマーシャルで流れている大手の消費者金融の場合はほぼ不可能となります。 しかし、中堅消費者金融、小規模の消費者金融は一部可能ですのです。 ただし、債務整理中・任意整理中に消費者金融のキャッシングを利用する前に注意点があります。 債務整理中にお金が必要になった時は、どうしてもキャッシングしたくなる気持ちは分かります。 債務整理中・任意整理の交渉中であれば、弁護士とのやり取りも「信用できない」と言われる可能性がありす。 最もリスクがあるのは、債務整理中・任意整理中に新しく借り入れしたことが交渉中のカードローン会社に発覚た場合、支払い能力があると判断されて借金の一括返済を求められることがあるのです。 カードローン会社にとっては、利用者がお金がなく返済出来ないから任意整理に応じるべきか悩んでいるのに、別の借金を始めると分かったら、すんなり応じてくれる訳はありませんよね。 キャッシングをしてもすぐに発覚することはありませんが、借金の一括返済(利息を含めた全額)を要求されるリスクを考えると避けたほうが良いです。 債務整理中・任意整理中にキャッシングするのはリスクがあるので、交渉成立後にした方が安心です。 債務整理中・任意整理の交渉中に入院してしまい、どうしてもお金が必要な時、キャッシングに頼らずにはいられない場合は、他の選択肢を検討しましょう。 以下の選択肢が考えられます。

①自分の代わりに家族の誰かにカードローンを申し込んでもらい、キャッシングをする。

②クレジットカードを持っている家族の誰かに家族カードを発行してもらいキャッシングをする。

③国や自治体の支援制度「生活福祉資金」を利用する。

債務整理中・任意整理の交渉中でも家族や配偶者のカードローン審査には影響しません。 「家族カード」は自分自身で支払うこともできるので便利にキャッシングできます。 支払いが膨れすぎて、生活も困難になっている方は、 支援制度や担保融資の利用を検討しましょう。

消費者金融会社とは?

消費者金融は法律に則ってお金を貸している業者のことです。 大手消費者金融では、代表的な業者はアコム、プロミス、アイフルなどが挙げられます。 最大年利18%程度となっており、借入額によってはさらに低い金利で貸してくれることもあります。 年利20%以上の金利は違法金利にあたるため、貸し出されることはなく安心して利用できます。 大手消費者金融は銀行のようにお金を貸してくれますが、債務整理中・任意整理中は利用は難しくなります。 しかし、債務整理・任意整理の和解成立後であれば、返済を再開する段階になるため、新しくカードローンに申し込んで借入れすることができます。 気をつけたいのは、任意整理、自己破産といった返済トラブルは信用情報に一定期間残ります。 信用情報期間は銀行、消費者金融は共有できるので、返済トラブルの情報があると審査は落ちます。 信用情報に返済トラブルが残るのは約7年間ですので、その間は銀行カードローン、大手消費者金融のローンは難しいと言えます。 返済トラブルをするといわゆるブラックリストとなりますが、キャッシングできる可能性はゼロではありません。 中小消費者金融カードローンの場合は、ブラックリストに載っている間でも借入れできる可能性があります。 債務整理中・任意整理中でも利用できる中小消費者金融カードローンをチェックしましょう。 中小消費者金融カードローンはいわゆる街金と呼ばれている業者です。

中小消費者カードローン

①キャッシングエニー

②キャッシングアロー

③フクホー

中小消費者金融の場合は、大手消費者金融とは異なり、ブラックリストでも審査に通りやすいのです。 大手消費者金融や銀行の場合は、コンピュータによるスコアリングシステムを採用しています。 中小消費者金融の場合は、独自の基準で審査するのでキャッシングできる可能性はあります。 過去に多くの借入れをしても、今現在は返済能力があるという方は、審査に通るでしょう。 しかし、先程も述べたように債務整理中・任意整理中に新たなキャッシングをすると、交渉中のローン会社から一括請求されるリスクがあるので、和解成立後に申し込むことをおすすめします。

消費者金融会社の利用のメリット・デメリット

中小消費者金融は、債務整理中・任意整理中のブラックでもキャッシングできる可能性があるのがメリットです。 しかし、デメリットは多いのでは利用前に確認すべきことがあります。 中小消費者金融カードローンは大手消費者金融と比べて年20.0%程度と金利が高めに設定されています。 万が一貸したお金が返済されない可能性が高いので、 利息を多くしているのです。 中小消費者金融はグレーな取り立てをする業者もあるので利用には注意が必要です。