キャッシング枠を増やしたい!必要な書類とやり方

キャッシング枠を増やしたい!必要な書類とやり方

キャッシング枠を増やしたい!必要な書類とやり方 画像

キャッシング枠を増やすには、どんな審査基準をクリアする必要があるのでしょうか?

キャッシング枠の希望額によっては、年収証明書の提出が必要となりますので事前に準備が必要です。この記事では、これからキャッシング枠を増やしたい方に向けて、審査基準や必要書類を解説していきます。最後までご覧になることでポイントを掴むことができるので、ぜひ参考にしてみてください。

キャッシング枠と年収の関係

銀行系カードローンや消費者金融系のカードローン、クレジットカードにはキャッシングがあります。キャッシングは、カードがあれば近くのATMから現金を引き出して手軽に借りられるのがメリットです。カードローンの広告には、利用限度額は最大500万円など記載がありますが、実際に大金を借りられるのでしょうか?

実は、新規のキャッシング限度額は年収によって決定されます。年収によっては希望にピッタリの限度額は叶わずに、減額されることがあります。2010年から総量規制が採用されてから、貸金業法により、年収の1/3以上の金額の借り入れはできなくなりました。

例えば、年収300万円の場合は借り入れ限度額は100万円となるため、他社から100万円を既に借りている場合はそれ以上借りることはできません。消費者金融系のカードローンやクレジットカードのキャッシングは、総量規制により減額されることがあるので注意しましょう。ただし、銀行系のカードローンは総量規制の対象外となっているため、年収の1/3以上でも借り入れることが可能です。

キャッシング枠を増枠する時の審査基準とは

キャッシング枠を増枠する時には、どんな審査基準をクリアする必要があるのでしようか?キャッシング枠の増額審査では、返済日に遅れないでしっかり返済しているかどうか利用実績がチェックされます。基準の返済期間などは、各社により異なりますが、遅れずに返済しているかどうかは重要なポイントです。

他には、キャッシング・ローンの他にもクレジットカードの利用記録、住宅ローン・自動車ローン・教育ローンといった様々なローンの記録をチェックされます。個人の信用情報は信用情報機関で管理されており、銀行や消費者金融などの金融業者は、信用情報機関を通して信用情報を確認することが可能です。支払いが2ヶ月以上遅れた場合は長期延滞の記録が残り、他社から何件いくらの借り入れがあるのかも正確に分かります。年間は残るので、他社の延滞がある場合は、キャッシング枠を増枠は不可になるかもしれません。

他社からの借り入れも他の会社に見通されますので、多額のキャッシングをしている方は、キャッシング枠を増枠は厳しくなります。多くの消費者金融などの金融業者にキャッシングの増枠を同時に申し込むと、信用情報機関の信用情報に記録されてしまうのでNGです。個人の信用情報は最低でも5年間は残るので、他社の延滞がある場合は、キャッシング枠を増枠は不可になるかもしれません。

キャッシング枠の希望額が多い場合、年収証明書が必要になる?

消費者金融系のカードローンやクレジットカードのキャッシングは、総量規制により年収の1/3以上の金額の借り入れはできません。では、総量規制の範囲内であれば、どうやってキャッシング枠を増やせばよいのでしょうか?各社により異なりますが、大抵の場合は貸金業者へ年収証明書の提出が必要となります。

多くの場合、キャッシング枠の希望額が50万円を超える場合に収入証明書の提出が必要です。会社員の場合は源泉徴収票、税務署から納税証明書を発行してもらったり、確定申告書、所得証明書も有効です。通常、クレジットカードの申込書には年収を記入する欄がありますが、収入証明書の提出は不要です。

ただし、キャッシングを希望すると収入証明書の提出を求めらることがあります。クレジットカードを申請する時に、特にキャッシングする必要がない方はキャッシングなしで申し込んだ方が収入証明書提出の必要もなく、スムーズに発行されます。

総量規制以上で借りたい場合はどうする

2010年から総量規制が採用されたことにより、消費者金融系のカードローンやクレジットカードのキャッシングは年収の1/3以上の金額の借り入れは不可となっています。総量規制が正しく行われるために、消費者金融系のカードローンやクレジットカード会社は利用者の年収を正確に確認するようになったのです。では、総量規制以上で借りたい場合はどうすれば良いでしょうか?

それには、総量規制対象外になっている銀行系のカードローンを利用することをおすすめします。総量規制は貸金業法による決まりなので、消費者金融系カードローンやクレジット会社に当てはまるルールです。銀行は銀行法という法律の元に運営されているので、銀行系カードローンは総量規制対象外となります。総量規制対象外の銀行系カードローンであれば、年収の1/3以上の金額を超えていても借りることが可能です。

銀行のカードローンは審査は、保証会社である消費者金融に依頼している場合が多く、比較的審査も緩いので試してみてはいかがでしょうか。銀行系カードローンは消費者金融のカードローンよりも低金利なので、大金を長期間借りたい方にもおすすめです。銀行系カードローンが落ちてしまった方は、カードローンの借り換えを検討してみましょう。

複数のカードローンを今よりも低金利なカードローンへ切り替えて1本化することで、月々の借金の返済額を減らすことができるのもメリット。総量規制以上で借りることができなくても、毎月の支払額が少なくなれば、自由に使えるお金を増やすことが可能です。その他にも、消費者金融のプロミスとアイフルは「貸金業法に基づく計画返済支援おまとめローン」として利用する場合は、総量規制対象外となります。

まとめ

今回は、これからキャッシング枠を増やしたい方に向けて、審査基準や必要書類をご紹介しました。消費者金融系のカードローンやクレジットカードのキャッシング枠は総量規制の対象になります。キャッシング枠の増額審査では、返済日に遅れないでしっかり返済しているか利用実績や個人の信用情報をチェックされます。

他社からの借り入れが多い場合は、総量規制に引っかかり増枠は厳しくなるので注意が必要です。総量規制対象外でお金を借りたい方は銀行系のカードローンを選ぶと大金でも長期間低金利で利用できるのでおすすめです。